会社設立から独立・創業・起業・会社設立時の助成金、独立・創業時の税務まで、各専門家がワンストップサービスをご提供いたします。

独立支援センター

まずはお気軽にご相談ください

独立起業の準備あれこれ

独立起業の準備あれこれ

「念入りな起業準備が、スタートダッシュの鍵」

個人事業主であれ、会社設立であれ、会社員から事業主になる為には、準備が必要です。
起業準備を丁寧にしておくのと、そうでないのとでは、スタートダッシュに大きな差が生まれてしまいます。

そうは、言っても・・・
何をすれば良いのか?
悩んでしまいます・・・・・ネ!

「独立起業」などで、ネット検索をしてみると、会社設立や副業・フランチャイズの紹介など様々な情報で溢れています。士業の立場をしては、会社設立や各種届け出のお話をさせて頂く事が多くあります。

 

独立起業するとなると、賃貸借契約のポイントや銀行さんとのお付き合いの仕方、商売の話など色々知っていた方が良い事、やっておいた方が良い事など沢山あるのですが、商売にタイプによっては、全く反対の事を言わなければいけなかったり、結構ケースバイケースの事が多いので、内容を正確に聞かないとどっちが良いか判断が出来ないこと、人によっては、余計なお世話だったりするので、なかなかお話する機会がないです。

 

その中で、「このお客様なら上手に商売を軌道に乗せていくなぁ~」とか「このお客様は、○○の事をちゃんと考えているかな?」と感じる事があります。

今まで起業された方を見てきた「勘」とか、「感性」などと言ってしまうと、文章に出来ないのでこれから起業される方にも、わかって頂ける様に書いてみたいと思います。

起業までに、ず~ぅと体にしみ込ませてきた、「サラリーマンの思考回路」を「商売人の思考回路」に置き換える必要があります。商売人は利益に対する感覚を敏感に鍛える必要があります。

大企業に長年勤めたエリートサラリーマンが脱サラをしても成功する確率が意外と低いのは、利益の感覚が鈍っている場合が多いからです。

サラリーマンの場合、自分の役割分担が限定されるため、その範囲内での成果(評価)を上げることが最大の目標になります。

しかし商売人にとっての成果はいろんな考えがありますが、事業を存続させるためには少なくともずっと赤字では成り立ちませんので、「利益を得ること」が必要です。上司からの評価とは無関係なく、最終的に手元に残るお金が無いと商売を存続させることができません。

例えば、3年サイクルで転勤のある職場に勤めている社員ならば、3年以内に成果を上司に示すことが最大の目標となります。そのため長期的な事業の存続よりも、短期で注目を集めやすい派手な事業に取り組みたいという傾向が強くあらわれます。

地味な事業よりもできるだけ“大きな花火”を打ち上げたいと考えるのが、事業欲旺盛なサラリーマンの特徴です。

 

しかし独立をして自分が事業主となってみると、サラリーマン時代の感覚でビジネスをしていたのでは、とても資金が続かないことに気づくことになります。

事業に必要なスタッフにかかる人件費、広告宣伝費の予算など、必要資金のすべては自分の責任において調達しなくてはならならず、自分が背負うリスクはサラリーマン時代には、会社が負っていたリスクも含めて全ておう事になります。

それゆえに、事業に投下した資金が実際にどれだけの利益を生んでいるのかを真剣に追求するようになります。

 

サラリーマン時代は、「自分の時間を定期契約でかつ長期に買ってもらっていた」ので、日々の生活費を気にすることなく、事業リスクは会社が負担しているので、仕事にまい進することが出来ていた事に気づきます。

経営のノウハウだって、商売の上に載っているので、まずはじめに商売を覚えなくてはなりません。

 

仮に年商1億円の売上を上げたとしても、その売上を得るためにどれだけのコスト(経費)を賭けているのか、資金回収にどれだけの時間が掛かるかによって、事業の成否は極端に変わってします。利益に対する感覚というのは、「自分の事業に対するコスト感覚」と捉えてみると輪郭が見えてきます。

利益率を向上させるためには、「商売人の思考回路」を鍛えることが大切となるのです。

お問合せ・ご相談はこちら

分からない点がございましたら、お気軽にお問合せいただければ幸いです。経験豊富な士業集団がスピード対応いたします。

当センターの概要

独立支援センター

URL:http://www.dokuritsu-center.net/

※お問合せはなるべくメールでお願いします。

税理士

税理士原俊之事務所
税理士:原 俊之
TEL:03-5211-5945

〒102-0072 東京都千代田区飯田橋一丁目7番10号
山京ビル本館305

税理士事務所情報

(外国人専門)行政書士

aroi行政書士事務所
行政書士:福島 竜太
TEL:03-3288-5439

千代田区西神田2-5-5  ヤスノビル202

行政書士(外国人専門)
事務所情報

社会保険労務士

野崎社会保険労務士事務所
社会保険労務士:野崎 秀史
TEL:03-(5211)-0290

〒102-0071 東京都千代田区富士見2-6-9 有山閣ビル5F

社会保険労務士事務所情報

(許認可専門)行政書士

行政書士法人榊原・箭内事務所
行政書士:鈴木 祐一郎
TEL:03-6410-2653

〒141ー0031 東京都品川区西五反田2-26-5-4F

行政書士(許認可専門)
事務所情報

司法書士

安藤匡士司法書士事務所
司法書士:安藤匡士
TEL:03-3796-2008

〒106-0032 
東京都港区六本木7-3-8  
永谷ヒルプラザ六本木413

運営司法書士事務所情報